乳児(0歳児)お祝い


赤ちゃんの1年のお祝い事です。忘れると奥さんに怒られますよ。


お七夜・命名式(生後7日)

 

赤ちゃんが生まれた日から7日目の夜がお七夜です。平安時代から続く、赤ちゃんの健やかな成長を願うお祝い事です。

命名紙は文具店・ベビー用品店で売っています。

 

命名紙中央に赤ちゃんの氏名・ふりがな、左に生年月日と父親・母親の氏名を書きましょう。

 

書いたらベビーベッドの枕元、又は壁にかけておくと良いでしょう。


お宮参り(生後31日目・32日目)

 

赤ちゃんが生まれてから初めて氏神様にお参りし、その土地の子になったことを報告する行事です。

お参りする日は男児は生後31日目、女児は32日目が多いようですが、地方によって生後50日目、100日目と様々です。

赤ちゃんの着物は写真屋さんなどで有料・無料で貸してくれるところも多いので探してみましょう。

 


お食い初め(生後100~120日)

 

赤ちゃんが一生食べ物に困りませんようにという願いを込めた儀式です。赤ちゃんのための祝い膳を用意してもらい、長寿にあやかって年長者(祖父母)に抱っこしてもらい食べる真似をしてもらいます。

地域によって料理は違いますが共通のものは以下の3つでしょうか。

 

1.鯛や金頭など頭の大きな魚(人の頭に立つような人物になってください)

2.小石を奇数個(石でも噛める丈夫な歯が生えるように)

3.梅干を奇数個(しわになるまで長生きできるように)

 

 


初節句(女の子3月3日、男の子5月5日)

 

3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句を賑やかにお祝いして子供の健やかな成長を祈ります。

生後3か月に満たない場合は翌年に持ち越しても良いみたいです。両家の祖父母を招いて家族でお祝いしてあげましょう。

 

ただ、雛人形や鎧兜は思ったよりお値段が張るので祖父母のご協力をお願いしたほうが良いかもしれません。。。